カスタム検索

2008年01月10日

狛犬ならぬ狛うさぎ。

NEC_0312.jpg

浦和といえば、狛うさぎでおなじみの「調神社」
(つきじんじゃ)です。地元では「つきのみや」
と呼び、親しまれています。

毎年12月12日に行われる「十二日町」は古くから
伝わる酉の市で、ここからお正月まで
つきのみやは賑わいます。

平日の夕方なのに、お参りをするひとが途絶え
ませんでした(*^_^*)

神社って、なんか「気」が好きです。すごく
落ち着く〜。無宗教ですが、ここにはたまに
行きたくなります。








posted by りすきぃ at 19:11 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
ヨガや気功では
気=生命のエネルギーなのです★。
だからきっと、行きたくなるのは
背筋がしゃんとして、すっとして
いいエネルギーをいっぱいもらえているからじゃないかな。
Posted by meeee at 2008年01月11日 22:48
meeeeちゃん、こんにちは!
そっか。いいエネルギーをもらえているのか。
そうだね〜。なんかわからないけど、すごく
静かで強いパワーを感じるよね。

不思議不思議。またそのうち行ってみる!
良いこと教えてくれてどうもありがとう!!
Posted by りすきぃ at 2008年01月12日 15:59
か、か、かわいい〜っ!!

こんな神社なら毎日でもお参りしたいですね!
Posted by kaen at 2008年01月13日 23:46
Kaenちゃん、こんばんは!うさぎさん好きなの?
浦和の、このあたりは、むかし海でした。
今も地名に「岸町」や「高砂」と名前が残っています。
うさぎは、航海の神様だそうで、漁に出るとき、
うさぎにお参りしたということです。そのため狛犬
ではなく狛うさぎなのだと、ある一説は伝えています。
ちょっとかわいいよね。
Posted by りすきぃ at 2008年01月15日 00:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。