カスタム検索

2007年10月04日

risky文庫『モルヒネ』

NEC_1436.jpg

まだしばらく本を読むブームが続くので、
本の感想は「risky文庫」ってタイトルで
書こうかなぁ。

『モルヒネ』在宅医療を請け負う女性医師。
同じ所属元病院の院長と婚約中の毎日に、突然
かつての恋人が現れる。末期癌を患って。

恋愛小説、女性作家の作品はあんまり
読まないんですけど、「書店発」とか
「ベストセラー」という煽り文句に購入
しちゃった。

読後感は、すっきりさわやか!という類の
ものではないですねぇ。全編を通して主人公
の、人生に対する虚無感みたいなものが
描かれています。

お互いを理解しあえる婚約者が居て、仕事も
それなりにこなせていて、それなのに
どうして虚しい感じがするんだろう。

それは主人公の生い立ちにあります。

そしてかつての恋人が、もう治らない病気を
連れてやって来た時、やっぱり心は揺れる
んだろうなぁと思います。

大切だった人が人生の最後に自分を訪ねて
来てくれたら、私にも生活があるけど、未来は
ないって解ってても私はその人と過ごす
道を選ぶだろうなと‥

朝から何云ってんだって話ですが(笑)
↑今朝書いていたのです。

これも女性向けな本かも知れませんね。






posted by りすきぃ at 19:11 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
この本か…テレビで紹介されていたような??

病院ものは昔よく読んでいたんだけど、
あ、ノンフィクションものが多いけどね、
でも休みの日まで仕事っぽいのを見なくてもいいんじゃない?と思って
最近は全く読んでいないんだ。
本で読んだようなことが、
実際自分の目の前でもあったりする訳ですからね…

読みたいけど、仕事モードになっちゃうからなあ…
Posted by yoshika at 2007年10月06日 23:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック