カスタム検索

2017年11月08日

ダスキンのオイルポットで揚げ物生活をレベルアップ

揚げ物といえば我が家ではノンフライヤーが定番でした
が、あまりに使いすぎたせいか、持ち手の接着部分が割
れてしまいました。そのまま使い続けるのは危ないので、
いまはお休みをさせています。

で、この頃はストウブ20cmでの揚げ物にトライしていま
して、唐揚げや素揚げ、サータアンダギーなどを作って
います。ストウブだとフタをしたまま揚げることができ
て、火もしっかり通ります。

サータアンダギー
サータアンダギー。小麦粉・玉子・砂糖だけで作れるよ

サータアンダギー
揚げてるところは、たこ焼きみたいね

はじめは「あまり揚げ物しないしね」と、一度に大量の
唐揚げや素揚げを作って、都度固めるテンプルちゃんを
使っていましたが、とくに唐揚げはとらこ氏(7歳)も「
食べたい食べたい」と言うので揚げ物の頻度を上げるこ
とにしました。

すると気になるのが「オイルの処理」です。揚げ物って
結構油を使うし、毎回固めるテンプルちゃんするのもなぁ
〜と悶々。オイルポットを買ってもそんなに使わないと
も聞くのですが、フィルターで漉すタイプのポットは結
構良いよという声もあり、購入を検討してきました。

最終的に選んだのが、レビューが高評価だったダスキン
の『油っくりん ナイス』というフィルター式オイルポッ
トです。

ダスキンのオイルポット
つや消しステンレスが美しい♪

このサイズだったら作業台に置いておいても違和感ない
し、デザインに無駄がなくて良いです。早速、野菜と海
老の素揚げ、唐揚げをした油をこしてみました。

ダスキンのオイルポット
ポットと揚げかすフォルターと活性炭フィルターなど

ダスキンのオイルポット
ろ過フィルターをポコっとセットしたら準備完了

ダスキンのオイルポット
ポテトを揚げたあと、唐揚げをした油。カスもたくさん

ダスキンのオイルポット
今回はサントリーのレシピで唐揚げ〜!

▼サクサク鶏からあげ SUNTORY ハイボールごはん。
http://www.suntory.co.jp/whisky/kakubin/recipe/menu/tori-kara.html

ダスキンのオイルポット
油をポットに流し込んだところ。ゆっくり濾過される

揚げ物が終わって50℃くらいまで油を冷ましたところでポッ
トに流し込みます。一度にろ過できる油の量は600mlと、
ちょうど1回の揚げ物で使った残りの量と同じくらいです。

油を流し込んだらそのままフタをして保存OK。便利!

ダスキンのオイルポット
1回使って濾した油。結構キレイ!!

さて、濾過した油ですが、魚介類を揚げるとニオイが残
りますが、海老を揚げた油も、濾してしまえば匂いはさ
ほど感じませんでした。

濾過した油で足りなければ新たに足せばOKだし、フィル
ター1つで500mlの油を3回まで漉すことが可能。濾した油
を1カ月使わない場合は処分してくださいと説明書にあり
ました。

大量には揚げ物をしないけど、お弁当などで頻繁に油を
使うわというお家には導入してみても良いかもしれませ
ん。

繰り返し使えるから、米油みたいなチョット高級な油を
使ってみるのも夢が広がります。

▼天ぷら油ろ過器油っくりん ナイス | ダスキン
https://www.duskin.jp/item/kitchen/dc000880/

▼わたしは楽天で買いました。商品説明が的確で良かったよ










posted by りすきぃ at 20:12 | テストキッチンから