カスタム検索

2006年12月03日

男子禁制のお話。

松涛温泉の詳細です。

しばらく詳細を書けず、申し訳ありませんでした。働く
お姉さん必見のお話ですよ〜♪

●立地について

道玄坂をだらだら上がっていって、東急を目の前に
左へ道を進むと、高いビルに「松涛温泉」と書いてある
ので(私でも)わかります。

「シエスパ」という、女性専用、会員制の温泉施設です。
渋谷で天然温泉に入れるなんて、女で良かったよ!
(男性の方、ごめんなさいね・・)

ここを見たどなたかの役に立てば良いなと思うので
感想ほか記しておきます。

●入館について

フロントで身分証明を提示し、入会手続きをします。
館内の有料施設や飲み物などの精算は、手首に付ける
ロッカーキーでチェックアウト時に纏める仕組みなので
お財布を持ち歩く必要がありません。(この辺は通常の
サウナとかと同じかな?)

今年1月にオープンしたとあって、まだ綺麗。実は私は
神経質なので「温泉はチョット・・」なのです。(旅行会社に
勤めてたくせにね・・)ですが、ここは、浴場から上がる所に
お湯が流れていて足を洗ってから出入りが出来るので、
それだけでも清潔な気がします。

●泉質について

ナトリウムー塩化物強塩温泉。一緒に行ったお友達は
しょっぱいと云っていました。・・飲んだの??
私は肌が弱いので、上がる前には念入りにシャワーで
流すようにしました。

●アメニティ

パウダールームに共有の(一包ずつではない)オリジナル
化粧水、乳液が置いてあります。あと、洗い流さない
ヘアトリートメント。コットン・めん棒も用意してあり
ます。何故か歯ブラシと髪を結ぶゴムは、パウダールーム
を出たところにある売店のお姉さんの居るカウンターか
9Fのお水が飲めるカウンターにしかない・・館内案内は、
ちょっと不親切かも。

置いてあった化粧水を使うと、やっぱり顔がほてりました。
合わないのね。(合う化粧品自体が少ない・・)おとなしく
持参致しましょう。

●内湯(中のお風呂)

全体的に濃いブルーを基調としていて、落ち着く感じ。
洗い場に、ミルクタイプのメイク落しとボディシャンプー、
シャンプー、コンディショナーがセットされているので
手ぶらでもOKです・・でも、洗顔料が無いんだよね。
ま、ボディシャンプーで洗っても問題は無いでしょう。

●露天風呂

「ここって渋谷なんだよねぇ」と何度も確認
してしまうほど、本当にどこか温泉へ来たみたい。

●スチームサウナ

私はこれが一番好きかもー!気持ちよかった。植物性な
香り(ラベンダーだそう)のする蒸気が出ていて、
熱かったら水を手足にかけられるようになっています。
室内には小さな音量で音楽がずっと流れていて、本当に
リラックスできます。

いま調べたら室内の壁の濃いブルーのタイルはアメジスト
なんだって!そりゃー癒されるわけだ!

●リラックススペース

個別ブースが有料ですが、フルリクライニングシート
で音響はヘッドレストから聞こえてくる仕組み。寝台列車
みたく二階建てになっている半個室で、読書するには
薄暗いです・・(コンシェエルジェに云えばライト貸して
くれるらしい)私は1Fだったのけど、足元灯がずっと
点いているので2Fの方が明るさが気にならず眠れるかもね。

しかし・・腰が弱いので、フルリクライニングでもダメでした。
夜中、腰が痛くて目が覚めた(笑)タオルを腰にあてて対応・・
枕が無いから(普段、超高い枕で寝てるので)違和感あり。
まぁ一度行けば次回の準備も出来るし?

時間が無くていけませんでしたが、岩盤欲やウォーター
ベッドなんかもあるそうで。(時間交代制だって)
ウォーターベッド大好きっ子の私は「30分じゃ足りない」
とか思うんだろーな。

渋谷で、天然温泉。夜は眠れちゃうし、ご飯も食べられる。
(1回158円で使用できるshu uemuraのコスメカウンター
もあります!)1泊しても6,000円しないので、
かーなーりー良いんじゃないでしょか!・・LIVEの後
とか被りそうであんまし勧めたくないんだけど(苦笑)

●忘れるところだった!喫煙場所。

自分は吸わないんで気にならないんですけど、館内禁煙です。
2Fにお外へ続くデッキがあり、そこがスモーキングエリア
だそう。手前にはレストランがあって、無料で暖かいお茶
(緑茶ではない、茶色いお茶)が頂けます。・・ほっとひと息♪

そんな様子で、夜遊び後とゆーより仕事帰りに泊まって
しまいそうな渋谷の温泉なのでした。チェックすべし!

●シエスパ
http://www.shiespa.com/index.html








posted by りすきぃ at 22:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック