カスタム検索

2006年08月30日

遠い記憶。



昼間、ばーちゃんちまで歩いていった。
『確かこの辺』ってお散歩してたのだけど、
あまりに街並が変わってしまった事に
だんだん悲しくなった。


ずいぶん前に裏の親戚が引き払い、両隣が
お店になって全然落ち着かない環境なのは
知ってたけど、向かいの駐車場まで変な
高級服店になってるとは‥

大使館が多くて、ガイジンも多かったから
駐車場には『MOTORPOOL』って
書いてある、子供心に外国を感じさせる
ような町だったんだけどな。

私が今住んでるところは父の実家で、親戚も
皆元気だから普段は感じないのだけど、

母方のばーちゃんちでは、ひーばーちゃんに
アニメの歌の歌詞を読んでもらったり、
お風呂に入れてくれたえみこおばさんの
ネックレスが綺麗だった事とか、いつも酔っ
てる風で怖かった
ひろしおじが後ろポケットから出すへこんだ
蓋付きの缶(今思うとウイスキーを入れる
のだな)とか、

もうそうゆうのには会えないんだなと
思ったら、たまらなく寂しくなった。

人が集まるお家だったのにね‥

今は、住みにくい町だと思った。あそこに
住むのは『ミエ』や『ステイタス』という、
上澄みな人種ばかりなんだろーな。

古き良き時代って云うけど、それって本当
かも。もう戻らない、思い出の中だけの
時間っていうか。

‥親兄弟は大切にしよう。








posted by りすきぃ at 19:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック