カスタム検索

2006年06月11日

脚をぶつけるカウンターのお話。

クラムチャウダーとパン。

クレームじゃないですよ。気が付いたこと。

都内の駅の中(あるいは近く)に、「チャウダーズ」
というスープ専門店があるのです。電車の乗り換え
の時など「少しの時間でお腹を満たしたい」時に
便利な立地です。

そこのカウンター席で事件は起きました。

席の下に、鞄や上着を入れられるよう、カゴがおいて
あるので、そこに荷物を入れて、一息つこうと思った
瞬間、「がっつーん」と、右ひざをしこたま打ちました。

「何事ー!?」と思ってカウンターの下を見ると、
荷物を置けるようにが出ていて、それが膝に当たった
のです。もう少し、台を高く作ってくれないと、小柄な
女性はOKでしょうけれど、私や男性客はかなりの確立で
脚をぶつけると思う〜(涙)

台が脚にぶつかるので、椅子を引くことも出来ないのですよ。
カウンターの後ろは通路になっているから、なるべく椅子は
引いて、邪魔にならないようにしたいのに。

お店の設計って、「女性客がターゲットだから」とかって
カウンターの高さなど決めるのだろうか・・

前に、渋谷のケンタッキーで感じた「早く出て行ってね」
な木製ベンチ椅子を思い出しました。

自分がお店を出す時は、脚がぶつからないような造りに
したいと思いました。・・・いや、出さないけども・・

チャウダーズ、「生煮えのスープストック東京」に変わらない
かな・・しょっぱいだけのクラムチャウダーはイマイチだったしー
って辛口ですねぇ(笑)






posted by りすきぃ at 14:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック