カスタム検索

2009年10月10日

サントリーウイスキー響12年を愛でる夕べ

サントリーウイスキー響(ひびき)の「12年」が9月15日より発売と
なりました。今回、その響12年を試飲させていただく機会を
サントリーさんより頂き、お話を伺ってきましたのでレポしますー。

響は、1989年に創業90周年を記念して発売されたウイスキーで、
現在までに「17年」「21年」「30年」という3種類が販売されて
います。

\\なぜいま「12年」なのか//

ヨーロッパでは、とくに12年もののウイスキーが人気だそうで、
「響を世界的なブランドに育てたい」という想いから、ことし発売
20周年を迎えた響に新しく「12年」ものを投入することにしたん
ですって。すでにヨーロッパでは、ことし5月から販売され、
「Japanise Wisky」として人気なのだそう。

丸の内で響12年を愛でる

\\響12年の特徴//

響12年の香りは、甘くフルーティーな感じ。口に含むと、甘酸っぱく
広がります。試飲では外国の12年もののブレンデッドウイスキーと
比較しましたが、12年という若いわりに味に深みがあり、高級感を
感じます。この深みの秘密は、ブレンドされた原酒にありました。

\\梅酒樽原酒と貴重な古酒によって生まれる深み//

響は「ブレンデッドウイスキー」です。ブレンデッドウイスキーは、
さまざまな原酒をブレンドして生まれます。とくにこの「12年」は、
梅酒樽熟成の原酒と30年以上熟成した古酒をブレンドすることによって
フルーティーで深い味わいを表現したそうです。

今回は、これらの原酒も試飲させてもらいました。古酒は、とっても
まろやか。何事も受け止めてくれる大人のようです。梅酒樽熟成は
梅のフルーティーさ、ワクワクするような華やかさが隠れています。
どちらもこのまま飲みたいと思うほどオイシイ! 

丸の内で響12年を愛でる

30年以上熟成した原酒って、とっても貴重なんですよ。以前、
シングルモルトウイスキーの白州工場(山梨)を見学したときに
熟成中の樽を見せてもらいましたが、木製樽の中で熟成している
うちに、原酒は少しずつ揮発すると聞きました。年月を経ると、
樽いっぱいだった原酒が、半分ほどになるのです。

というわけで、私の年齢の樽は、数本しか残っていないとの
ことでした。もちろん、貴重な原酒なので分けてはいただけない
そうです。自分の年齢を同じウイスキーを持ちたいっていうのは
夢ですね。

閑話休題。

もともと響は、国際コンペで数々の受賞歴のあるウイスキーです。
12年はまずヨーロッパで発売されたこともあり、ボトルデザインも
日本を感じる仕様になっています。これがまたステキなの。

\\24面カットのクリスタルガラスが輝く//

ボトルがね、とっても美しいのです。工業ガラスではなく、クリスタル
ガラスを贅沢に使って、24面カットが施されています。キラキラと
光を受けて輝くのねー。美しい。「24面」という数字には、24時間
という「時」と、日本ならではの暦「二十四節季」を表し、長い年月
を経て作られる響ブランドの<時間>を象徴しているんだって。

丸の内で響12年を愛でる

お部屋に飾っておいてもよさそうな、気品を感じるボトルです。
毎日飲むにはもったいないけれど、大切な時間を過ごしたいときに
この響12年を楽しむのがいいんじゃないかなと思いました。

お食事と楽しむ「響12年」へ続きます。






posted by りすきぃ at 00:32 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

「響12年」ブロガーミーティング 参加者レポート
Excerpt: サントリートピックスでは、「響12年」の日本での新発売を記念し、「響12年」ブロガーミーティングを開催しました。 リンク:「響 with ペリエ」を体感、「響12年」ブロガーミーティング(1) リンク..
Weblog: サントリートピックス
Tracked: 2009-11-16 09:50