カスタム検索

2009年04月20日

「マイ・グランドマザーズ」展に行ってきました

写真家やなぎみわさんの作品展「マイ・グランドマザーズ」展
を観ました。被写体は、全部「おばあちゃん」。しわしわな
顔、手足。実はこれ、若いモデルさんが自分の50年後を
想像し、やなぎみわさんと作り上げた「おばあちゃん像」
なのだそうです。

赤青黄色緑といった鮮やかな色に、どこか黒い色調が
混じります。おばあちゃんの様子だけでなく、背景や
エトキもじーっと見たくなる作品たち。

一番好きだなと思ったのはチャイナドレスで弦楽器を
弾いている作品でした。チャイナドレスって、とっても
着る人を選ぶというか、着こなすの難しいですよね。

年齢を重ねても脚が出せるのは良いなと思ったのです。
私が持ってる黒いチャイナドレスは、太っちゃって着れ
なくなっちゃったんですけど!!

やなぎみわさんは写美のサイトのなかで、「ズラッと
見て、気に入ったグランマのところで立ち止まって
ほしい。そして自分と重なる部分や共感する部分がある
のはなぜか? を感じ取ってもらえれば嬉しいですね。」
と仰っています。作品を見に行く前に、このインタビュー
を読んでおくと、きっとより楽しめると思うよ。

やなぎみわ「マイ・グランドマザーズ」展、5月10日(日)
までの開催です。

◆インタビューページはこちらから
http://www.syabi.com/topics/t_yanagi.html

◆東京都写真美術館 やなぎみわ
 マイ・グランドマザーズ
http://www.syabi.com/details/yanagi.html






posted by りすきぃ at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック