カスタム検索

2009年01月20日

「チャロー! インディア」展に行ってきました

森美術館(六本木ヒルズ森タワー53階)で開催の
「チャロー! インディア/インド美術の新時代」
展を観ました。森美術館開館5周年記念展だそうです。

インド、インド…

「ゼロを発見したのはインドの人だよねっ」とか
「二桁の九九を覚えるんでしょ?」とか、その
くらいの知識しか持ち合わせておりませんで、
お恥ずかしい限りですが。

でも、そういうことわからなくても無問題です。

"チャロー"はヒンディー語で"行こう"を表す言葉です。
チャロー! インディア(行こうよ! インドへ)を
合言葉に、あなたもインド現代美術の新たな創造性と
活力に出会う旅へ出かけてみませんか。


「静」の部分が絵画だとすると、「動」は街中を写した
写真だったり、立体だったり。

詳しくないのに「何がどう」って書くのは「釈迦に説法」
で恥ずかしいと思います。なので、直感で感じたことだけ
をメモ。

特に印象的だったのは、影絵と映像のコラボ作品でした。
自分の影がスクリーンに投影されるんだけど、そこへ
向かって上から何かモノがスルスルスルっと降りてきたり
足元から人形? みたいのが現れて足にくっついたり(怖い!)

見ている人が歩いていっても、その影はついてくるのです…
やっぱり怖いよぉ。でも、「どういう仕組み?」って
考えるのは楽しいです。

ほかにもいろいろと興味深い作品がありました。
09年3月15日(日)までの開催です。

◆MORI ART MUSEUM [チャロー!インディア]
http://www.mori.art.museum/contents/india/info/index.html
※ミュート派なので気づきませんでしたが音が出ます。

<あとがき>

美術館というと、ワタシの場合、若いころのほうが
貪欲に足を運んでいました。最近は年に一度くらいに
なっちゃって、今回チャロー展を観て反省しましたね。

やっぱり、自分から「知る」とか「得る」とか、なにか
行動をおこさないと。ネットやテレビじゃダメなのよと。

むかしは絵画が好きだったのですが、いまは写真や立体、
インスタレーション系のものに興味がありそうです。

絵画はパワーを感じるもの、写真や立体は自分の中の
表現とかそういう分野に響くもののような気がします。
あっ、なに言ってるかワカラナイ?(汗)

ことしは、ちょっと広げる年にしたいと思います。






posted by りすきぃ at 16:11 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
本物に触れる、見る、聴くことはとっても大事だと思います。
コンサート、美術館、博物館・・・形のないものにお金を払うなんてもったいない、と言う人もいらっしゃいます。でも、できるだけ機会を作って足を運べば、心の糧になり、それがその人の内面の輝きになりますよね。
Posted by sumako at 2009年01月21日 00:14
sumakoさん、こんばんは!
コメントをありがとうございます。

sumakoさんの観てらしたJapan蒔絵展もステキ
ですね! 見たいなぁ。間に合わないかな?

いま、江戸東京博物館で「珠玉の輿〜江戸と乗物〜」
という特別展が開催されていまして、天璋院篤姫が
こし入れをしたときに乗ってきた籠が展示されている
そうなんです! これ、観たいんです!!
2/1(日)までの開催ですよぅ。
http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/
Posted by りすきぃ at 2009年01月21日 22:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック