カスタム検索

2020年11月11日

【iPad Pro13"】Appleのワープロソフト「Pages」が意外と良い子でした

紙媒体は明確に文字数・行数、さらに1行あたりの文字数
の指定があるので、ある程度、「どのくらい書いたかなー、
レイアウトに収まるかなー」というアタリをつけておき
たいのです。デザインに流し込んだ際に「文章多すぎて
あふれています」とか「少なすぎて話にならない!」など
では困るから。

Macだと「mi」というテキストエディタを使うのですが、
iPad版は無いそうです。iPadで原稿を書くことは少ないと
思うのですが、何かの時のために、良い方法はないかな〜
と。

いろいろ調べると、Mac付属のワープロアプリ「Pages」
で文字数・行数がわかるみたい! そうだったの!?

Pages
文字数カウントもできるですと!?

おー。確かに文字カウントできてる。1行あたりの文字数
は上の目盛りのルーラーで調整できます。

Wordと同じようなことができるんだね〜。初めて
ひらいたので知りませんでした。お利口さーん。

Mac用としてマイクロソフト365を年間契約していて、
Wordその他入れて使っています。1契約で5台まで使える
のでiPadにもそのうち入れますが、「Office系使わない
わ」というマカー勢はPages良いかもしれませんね。

◆本日の所感

Macユーザーになって久しいですが、知らないことって
まだまだあるんですよね〜。ほとんど知らないかも。
宝の持ち腐れ(笑)








posted by りすきぃ at 12:00 | Mac