カスタム検索

2009年10月17日

350mlアルミ缶のつぶしかた

350ml缶のつぶし方

集中して作業をしようとするときに限って、「部屋が汚い!」
なんて思ったりしませんか? 一度気になると、あとはもぅ
際限なく気になって作業に集中できない! だいたいなん
なんだこの空き缶の山は。あたしゃ酒なんざ飲まないのに
キー! などと、突然掃除をはじめたり。

まさにいま、私がそうなんですけどね。週明けに見てもらう
書き物をするのでブログ書いてる暇なんてナイんですが…

(注:空き缶は旦那さんがキチンと片付けてくれます)

えぇと。タイトルのとおり、空き缶のつぶし方を説明
します。最初に載せた写真のようになるのですが、何も
チカラワザでクラッシュするわけではありません。握力の
ない女性でも、コツさえつかめば、すぐにできます。
省スペースにもなるのでオススメですー。

※手を切らないようにご注意くださいね!

●1.互い違いにくぼみをつける

350ml缶のつぶし方

こんな風に、缶全体で3ヶ所ほど、上下互い違いにくぼみを
つけます。分かりやすくするために、はっきりつけてますが、
こんなにつけなくてもOK。つぶすガイド的に。

●2.手のひらで静かに挟み込み、ちからを加える

350ml缶のつぶし方

上下から押さえつける。くぼみがうまくねじれて、
簡単につぶれます。

350ml缶のつぶし方 350ml缶のつぶし方 350ml缶のつぶし方
こうして見ると、気分もスッキリ!

<注意>
エンボス加工の缶、例えば氷結などは、つぶしにくいので
無理はしないでください。350mlのアルミ缶に適した方法
です。異素材のものや、350ml以外のものには向きません。

はぁ。たまってた缶もつぶしたし、writingしよっと。









posted by りすきぃ at 14:18 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記