カスタム検索

2009年02月05日

「粥」ってでっかく書いてある店、香港ロジ(渋谷)

会合の前に「軽くご飯しましょう」とK2のそばで待ち合わせ。
桜丘町に来るのも久しぶりだにゃぁ。

協議の結果「粥って書いてあるお店がいいな」と決定。
それくらいインパクトのある外観なんですよ。

090203_33.JPG 090203_34.JPG
090203_35.JPG

中華粥って好きなのね。体調に合わせてお粥の種類
を選べるし、トッピングで調整できるところもよいです。

さて。あたくしはビタミンが豊富な豚肉のお粥を選び
ました。トッピングとか、小さな麺を…などと選ぶと
あとに響くので、トッピング無し!

090203_36.JPG 090203_37.JPG
090203_38.JPG

ランチは15時までやっているそうです。良心的ですね。
オーダーを通すときや厨房内は日本語ではありません。
ちょっと香港に来たみたいね。(行ったことないけど)
炒め物などのメニューも豊富です。

090203_39.JPG 090203_40.JPG 090203_41.JPG
090203_42.JPG 090203_43.JPG

また絶対行く! ごちそうさまでした!

---
◆中華粥 香港ロジ
渋谷区桜丘町2-3 堀ビル1F
11:00〜15:00、17:00〜23:15、日曜定休
電話:03(3464)1866






posted by りすきぃ at 22:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

「ランドスケープ 柴田敏雄」展に行ってきました

東京都写真美術館(恵比寿)で開催されている
「ランドスケープ 柴田敏雄」展を見ました。
こちらは写真展です。

ダムとか、崩れそうな山の斜面をコンクリで固めた様子
など、人工的な構造物を対象とした写真の数々。作品が
どこで撮られたものなのか、気になるところですが、
ちゃんとパンフレットにクレジットされています。

展示を見ていて思い出したんですが、

飛行機から見たゴルフ場の様子に、とても心が痛んだ
ことがあるのです。あれって上から見るとすごいよね。
ガリガリガリってユンボで削ったみたいな、あんなこと
されたら人間だって痛いだろうって…。

そんなことを思いながら見ていました。

無機質な作品が多いなか、高速の料金所や、サービス
エリアの夜景にはホッとします。明かりが灯っている
ところには、かならず人がいる。そういう暖かさを、
改めて感じました。

写真って面白いですね。撮り手が何を思って撮ったかは
定かじゃないけど、見ている私は自分の内面を掘り起こ
したり、感じ取ったりする。

静かに鑑賞するというより、触発されて、いろいろ
あふれてきちゃうので、見かたとしては邪道なのかも
しれません。でも、なにかに気づけば、それでいーのだ。

余韻を感じる写真が撮れたら良いなと思いました。

開催は2/8日(日)まで。急がねば!!

◆東京都写真美術館 > ランドスケープ 柴田敏雄展
http://www.syabi.com/details/shibata.html






posted by りすきぃ at 21:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

野菜からミッキー

東京都写真美術館(恵比寿)で開催されている
「イマジネーション/視覚と知覚を超える旅」展を
見ました。

影絵、幻燈機(初めて見た!)、箱の中に何枚もの
絵が重ねてあって、のぞくと立体的な絵に見える
「ピープショー(のぞき絵)」など、好奇心に響く
展示がたくさん。

「連続写真とか、きっと当時は最新式なワザを使って
撮られていたんだろうなー」と、当時に思いを馳せます。

体験型作品としては、泡だて器・マグカップ・じょうろ
などに触れると、鳥・うさぎ・水の影が飛び出るイン
スタレーションや、むしめがねで映像のピントを合わせ
る作品などがありました。

野菜や果物のかたまりに近づくと、ライトがパッと
点いてミッキーマースのシルエットが現れる作品には
ちょっと感動。

たぶん、お子さんは好きだろーなーと思う。動く、音が
する、触れる展示が多いので。(そういうのが好きな私)

2/15(日)までの開催です。ご興味があればぜひ。

◆東京都写真美術館 > 映像をめぐる冒険vol.1
 イマジネーション 視覚と知覚を超える旅
http://www.syabi.com/details/imagi.html






posted by りすきぃ at 21:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ウイスキーとショコラって合うんですねぇ

サントリーさんのブロガーイベント「シングルモルト&
ショコラのマリアージュ講座」にご招待いただき、行って
まいりました。

ウイスキーは、お家で飲みます。白州を、ソーダで割って
ハイボール。
薄めに作って、食事とあわせるのが好きです。

そんなウイスキーですが、甘いものと合わせるという発想は
なかったワタシ。バナナをフランベするときにジャっとかける
くらいでした…。写真もたくさん撮ってきたので、あわせて
どうぞ。 

今回の会場は「Splitz'Aoyama(スプリッツアオヤマ)」。
2度目の訪問にも関わらず、入り口と違うドアを開け
そうになるワタシ…

「シングルモルト&ショコラのマリアージュ講座」
・ショコラの味わい(カカオの産地、品種による食べ比べ)
・シングルモルトウイスキーについて(テイスティング)
・シングルモルトとショコラのマリアージュ


080203_1.JPG

まず、ショコラについての説明を聞いて、テイスティング。

カカオ豆、カカオ豆の中にあるカカオバター(油脂分)、
カカオマス(チョコレートのもとになる部分)をそれぞれ口に
するという機会は珍しいですね。苦いとか味が無いとか、
好き勝手言いながら試します。

080203_2.JPG 080203_3.JPG
080203_4.JPG

チョコレートって、産地によって風味が異なるんですね。
難しいことはわからなくても、数種類食べ比べると、違いが
なんとなくわかります。スミマセン板チョコをバリバリ食べて。

080203_5.JPG 080203_6.JPG
080203_7.JPG

ショコラのお勉強のあとは、ウイスキーのお勉強です。ワタシの
好きな白州は、シングルモルトウイスキーという種類です。
シングルモルトって? ウイスキーには分類があるんですねぇ。

080203_8.JPG 080203_9.JPG

今回は、スコッチウイスキー「グレンフィディック」、
「マッカラン」、「ボウモア」、日本のウイスキー「山崎」、
「白州」の5種類のテイスティングとそれぞれに合うショコラを
教えていただけるということで、ワクワク。

5種類のウイスキーにどんな違いがあるのか、そのまま口に
含んだり、加水したりして比べていきます。

080203_10.JPG 080203_11.JPG
080203_12.JPG

\\今回の新たな発見//

・白州とグレンフィディックは似ている。よってグレン…も好き。
・ボウモアは、クセがあるような気もするが、慣れるとスモーキー
 さがやみつき。燻製ものと合わせて口にしたい。

ウイスキーのテイスティングの後、いよいよショコラとの
マリアージュです。どのウイスキーに、どんなチョコレートが
合うのか!!

080203_13.JPG 080203_14.JPG
080203_15.JPG 080203_16.JPG
080203_17.JPG 080203_18.JPG
080203_19.JPG 080203_20.JPG
080203_21.JPG 080203_22.JPG
080203_23.JPG 080203_24.JPG

\\ウイスキーとショコラは合う!//

個人的に一番のヒットは「白州とホワイトチョコレート」、
ついで「ボウモアとコーヒーチョコレート」、この組合せでした。
風味を確かめるために深呼吸したりして、ゆっくりと心地よく
アルコールがめぐります…。

ウイスキーとショコラの組合せは、それだけでご褒美です。
一日の終わりに、静かに楽しみたい感じ。マリアージュという
だけあって、幸せ感でいっぱいに。

その後、懇親会があり、Splitz'Aoyamaおすすめの「スプリッツ」
(アルコール度数を約5度に抑え、きめ細かい繊細な泡にこだわった
ウイスキーのソーダ割り)や、角のフルーツ漬けのソーダ割りなど
を楽しみました。

080203_25.JPG 080203_26.JPG
080203_27.JPG 080203_28.JPG
080203_29.JPG 080203_30.JPG

お土産にいただいたウイスキーグラス。人の舌は場所によって
味の違いを感じるのですが、甘さを感じるのは舌先なのだそうです。
このグラスは、ウイスキーのもつ甘さを舌が感じ取れるように、
ふちを反らせて舌先にウイスキーが流れるよう計算されているん
ですって! すごーい。ますますウイスキーをおいしくいただけ
ますね。

080203_31.JPG 080203_32.JPG

このエントリーを読んで「ショコラとのマリアージュってステキ」
と思ったそこのアナタ! Splitz'Aoyamaでは2月中、山崎・白州
とロイズとのコラボが楽しめるそうです。Splitz'Aoyamaは、とても
ステキなお店なのでぜひ。「お家でショコラマリアージュを楽しみ
たい」という人は、こちらのサイトを参考に楽しんでみてください!

◆ショコラとモルトのマリアージュ
http://www.suntory.co.jp/whisky/malt/chocola/

◆本日発売!「山崎12年&ロッテシングルモルトウイスキー
 チョコレート」のセット
http://topics.blog.suntory.co.jp/001566.html

最後に、ご招待いただいたサントリーさん、当日お話できた
みなさん、ありがとうございました。






posted by りすきぃ at 00:37 | Comment(8) | TrackBack(2) | 日記

2009年02月04日

茂木健一郎さんが好きなんですー

茂木健一郎さんが好きなんです。難しいことを、一般の
人でもわかるように表現を選んでくれるところとか、
雰囲気とか。頭がもじゃもじゃな感じとか、お目めが
たれてるところとか、お口が小さいところとか(笑)。
テレビでしか拝見したこと無いですが。
受難と情熱は英語では同じ「passion」。
受難するからこそ、情熱が
生まれる。

2/3のブログにあった言葉です。ハッとしたのでメモ。
きらめく言葉を紡ぎだせるってステキ。そんなふうに
なれたらよいなぁ。

茂木健一郎さんは、いつかお会いしてみたい人のひとり
なのです。もうちょっとまじめに本も読まないとね。






posted by りすきぃ at 21:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年02月02日

2016年 オリンピック東京招致ピンバッジ

ひょんなことから、オリンピック・パラリンピック
招致キャンペーンのピンバッジが手に入りました。

個人的な感想ですが、五輪の5色を結んだ、日本らしい
デザインだなーと思います。

◆招致エンブレムについて
http://www.tokyo2016.or.jp/jp/plan/logo/
■コンセプトとモチーフ

デザイン・コンセプト「MUSUBI(結び)」
デザイン・モチーフ 「MIZUHIKI(水引)」

スポーツと文化を結ぶ。都市と環境を結ぶ。
子どもたちと未来を結ぶ。テクノロジーと心を
結ぶ。日本と世界を結ぶ。地球と平和を結ぶ…。

「結び」は「生命を生み出す新たな魂」を意味し、
日本文化は、古来より新しいものが生まれてくる場
を、水引と呼ばれる飾りひもを結び祝福してきました。

東京オリンピック招致ロゴは、この日本の伝統の心と
オリンピックの精神を結んで生まれたものです。

2016年の東京オリンピックにより、新たな価値を創出し、
都市と地球の未来を拓き、時代を担う子どもたちに引き
継ぐことを願い、水引のモチーフにオリンピックの5色
を重ねて表現しました。

なるほどー。年明けに行なわれたインターネット調査の
結果によると、全国の7割の人が東京での開催を希望して
いるという結果が出たそうです。

◆東京招致に関する世論調査について
http://www.tokyo2016.or.jp/jp/press/2009/01/post_53.html

\\このピンバッジをプレゼントします//

オリンピックに興味がある! ピンバッジを集めている!
などなど、欲しい人がいらしたらメールで連絡をください。
(右上の、プロフィール内にあるアドレスへお願いします)

リアルなお友だちでも、そうでない人も、お名前・
ご住所をお知らせいただければ、お送りいたします。

※数に限りがありますので、ご希望が多数の場合
先着順となります。ご了承くださいませ。

ブログパーツもあるので貼ってみまーす。

◆Tokyo 2016 - 東京オリンピック・パラリンピック
 招致委員会
http://www.tokyo2016.or.jp/jp/







posted by りすきぃ at 20:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年01月27日

板チョコLOVE

寒い時期の定番おやつといえば、チョコレートです。
頭が疲れたときも、甘いものがよいですね!

板チョコなら、そのまま食べても、溶かしてホット
ドリンクに合わせても良いので重宝します。

090127_1.jpg

写真では4枚ですが、あと2枚、在庫があります(^O^)ノ

近所のスーパーでは、通常は「おひとりさま4枚まで」
購入できるところ、「おひとりさま2枚まで」と制限が
ついてしまいました。悲しい。

ヴァレンタインが近いせいかねぇ。

小食のわりにやせないのは、たぶん、チョコレートで
栄養を摂っているからです。1枚とか平気で食べちゃう
ので…

「よくニキビできないね?」って聞かれますが、うん、
できないねぇ。なんでだろ。






posted by りすきぃ at 19:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記