カスタム検索

2009年03月26日

そういえばホワイトデーでした

って、んー。何日前? なんしかバタバタと忙しくて
一人で時差を生じてるというか、記憶がさらさらと零れ
落ちる感じ。(どんな感じ?)

「ホワイトデー」とか、すっぽり抜けていて、
いただきものをして思い出しましたですよ。ははは。

おや。和スイーツみたいですよ? パッケージかわいい。



・和ショコラ(抹茶・ごま・柚子)
・トリュフ(抹茶・ほうじ茶)
・ほうじ茶ティーバッグ(ピーチ)

が入っていました。どれも大切にいただきました。
ごちそうさまでした♪






posted by りすきぃ at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

これもまぁ、オーナズカスク?

母が味噌を出すというので、物置までのこのこついて
いきました。暗闇から取り出したのは、大きさが分かり
にくくてごめんなさい、馬鹿でかいプラチック製の樽です。



り「これ、お味噌なの?」
母「そうよ、北海道から取り寄せてるやつ」

risky家では、お味噌が何種類か常備されています。
そのうちのひとつが、北海道から樽で取り寄せているとは
始めて知りましたよ! 樽一つに9キロのお味噌が入っている
そうで、近所の人にも配っているんだって。

なんでも1年のうち、決まった時期にオーダーをするそうです。
樽買い…オーナーズカスクではないですか。ウイスキーじゃ
ありませんけど。

昔住んでいた、札幌は発寒というところのお味噌です。
備忘録のために載せておきます。






posted by りすきぃ at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月25日

コメントの返信をしました!

こんな小さなブログを見に来て下さっているということ
だけでさえ恐縮ですのに、コメントをくださるみなさま、
いつもありがとうございます。返信が遅くなって
申し訳ありません。

下記エントリに、まとめて返信をさせていただきました。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

◆ランドリーが大好っきー♪
http://tracks.seesaa.net/article/115475709.html
◆tracks: tらcks → F10キー → tracks
http://tracks.seesaa.net/article/115572822.html
◆tracks: ソフトコンタクトレンズに思うこと
http://tracks.seesaa.net/article/115572706.html
◆下書きが全部飛んでしまいました…
http://tracks.seesaa.net/article/115896674.html
◆サントリー白州蒸留所見学「自家製の燻製紅マスに震える」
http://tracks.seesaa.net/article/116198701.html
◆サントリー白州蒸留所見学「製造見学でますます白州好きに」
http://tracks.seesaa.net/article/116199290.html
◆サントリー白州蒸留所見学「懇親会でまた震える」
http://tracks.seesaa.net/article/116199789.html
◆サントリー白州蒸留所見学「ここでしか入手できないの!」
http://tracks.seesaa.net/article/116199989.html






posted by りすきぃ at 22:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

サントリー白州蒸留所見学「おすすめセミナーあります!」

\\白州蒸留所の見学をするなら…//

今回体験した「シングルモルトセミナー」は3月から12月の間、
白州蒸留所で受講することができます。

▼詳細はこちらから
http://www.suntory.co.jp/factory/hakushu/guide/news/0902_01/index.html

「セミナーだけじゃなく、お料理も楽しみたいわ」って人には
こちら! これはホントおススメ「オードブルと愉しむ白州2009春」。

白州(10年・12年・18年)と山崎(12年)4種類のテイスティングと
豪華なお料理の数々!
「白州」に合わせて考案されたオードブル計6品
・地場山菜のマリネ
・杏のカクテル
・ポークハムとチーズの燻製
・紅マスの手毬寿司(紅マス燻製の手毬寿司)
・甲州名物 鮑の煮貝
・岩魚の燻製
※燻製はウイスキー樽で燻し、手間と時間をじっくりとかけた
 自家製手造りです。

製造工程の見学とウイスキーセミナーに、さらにこれだけの
試飲とお料理がついて、ひとり2000円です! 本気で行きたい。

さらに、このイベントに参加される人には特別に小淵沢駅から
タクシーの無料送迎が
つきます。大人気のこのイベント、
開催日が限られています、4月4日から14回限定。詳細は
サイトをご覧のうえ、電話予約をしてくださーい。

▼オードブルと愉しむ白州2009春
http://www.suntory.co.jp/factory/hakushu/guide/news/0903_02/index.html

白州蒸留所は自然の中にあって、森林浴もできます。
ウイスキーを楽しむだけでなく、「南アルプスの天然水」の
生まれ故郷でもある
この地は、自然環境を守る活動によって
保たれています。講座を受けた部屋の外には鳥を呼ぶ仕掛けが
してあって、ひっきりなしに野鳥が飛んで来ていました。




お酒が飲めなくても、充分にに楽しめる白州。電車なら
小淵沢駅からのアクセスとなります。車で10分程度で蒸留所に
つくよ。「週末は小旅行気分で白州へ」というのもステキだと
思いました。

\\おまけ。オーナーズカスクに興味シンシン丸//

白州蒸留所には、「オーナーズカスク」というものがありまして…
「カスク」というのは、「樽」のことなんですが…

▼オーナーズカスクについて詳細はこちらから
http://www.suntory.co.jp/whisky/ownerscask/

文字通り「オーナーの樽」つまり、樽をまるまる1個、
自分のものにしてしまう
ってことなんです。オンリーワン。
しかも、樽の鏡板に直筆の名前を入れることができるんです。

ちらっと聞いた感じだと、白州の10年もので110万円から
だったと思いました。樽から取れるウイスキーはボトルで
100本分になるとか。もちろん、ボトルラベルもサインいり。

オーナーズカスク…何かの記念にしたり、グループで記念に
作ったり、ちょっとよくないですか。私はあんまり高額な
ものに目が行かないのですが、オーナーズカスクは夢だなぁ。

最後に、ご招待いただいたサントリーさま、ご一緒させてもらった
参加者の皆さま、どうもありがとうございました。






posted by りすきぃ at 16:09 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

サントリー白州蒸留所見学「ここでしか入手できないの!」

\\ここでしか買えないお土産も忘れずに!//

お土産を買って帰らなくちゃ! というか、白州に行くなら
これを! というミッションがあったのです。お土産は
「IN THE BARREL」というお店で買えますよ!!

白州蒸留所には「ここでしか買えないウイスキー」があるんです。
その名も「白州蒸留所 SINGLE MALT」。これは写真を
撮っていないのですが、まるっこくてカワイらしい瓶に
入っています。見た目が超好み。そのうち写真撮りましょう。

ほかにもお土産いろいろ。まず、「白州蒸留所樽出原酒12年貯蔵」。
酒精57度と、通常のウイスキーよりかなりパンチがありそうですが、
これは押さえておかないと。樽出原酒には、10年、12年、18年、
25年と、種類があります。お店のお姉さんに違いを聞いて、好みの
ものを探しましょう。


ピンバッジ、白州のほうがトリスおじさんより大きい(笑)

父には山崎・白州・マッカラン・ボウモアのちびボトルが
ワンパッケージになった「試飲セット」、スモークベーコン、
あと、ピンバッジも買ってきた! 白州のピンバッジは
どうしても欲しかったんだぁ。これをデジイチ(Nikon D60)の
カメラバッグにつけて、白州好きをアピールするのです!

トリスおじさんのピンは、父に見せたら「欲しい」と言って
ました。世代的になじみがあるんだもんね、ごめんね。

◆続く:サントリー白州蒸留所見学「おすすめセミナーあります!」






posted by りすきぃ at 15:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

サントリー白州蒸留所見学「懇親会でまた震える」

\\最後に、懇親会//

ウイスキーとおつまみでのマリアージュで講座は終了、
その後、懇親会がありました。懇親会メニューがまた
豪華だったんですー。
◆自家製燻製の盛合せ
 〜山女・岩魚・ポークハム・合鴨・チーズ〜
◆山菜と鶏の唐揚盛合せ
◆鮭とば
 〜ウイスキー樽チップで燻製〜
◆サンドウイッチ
◆杏のカクテル
 〜白州10年風味〜
◆ウイスキーケーキ
 〜チョコレート「白州」仕立て〜
 〜プレーン「山崎」仕立て〜






どれも本当にウイスキーにあう提案ばかり。山菜の天ぷら
おいしかったなぁ〜。ごちそうさまでした!

◆続く:サントリー白州蒸留所見学「ここでしか入手できないの!」






posted by りすきぃ at 15:50 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

サントリー白州蒸留所見学「ブラインドテイスティングを初体験」

\\シングルモルト楽しみ方講座//

製造工程を見学した後は、座学です。シングルモルト楽しみ方
講座〜ハイボールからはじめよう〜のスタートです。

「シングルモルトってなに?」ウイスキーは、大麦を原料に
作られる「モルトウイスキー」と、とうもろこしなど穀類を
原料に作られる「グレーンウイスキー」の2種類に大別されて
います。

このうち、単一蒸留所の原酒のみで作られたウイスキーを
「シングルモルトウイスキー」という
んですね。サントリー
さんの場合、「山崎」や「白州」がシングルモルトにあたります。

これに対しモルト原酒とグレーン原酒とを掛け合わせたものを
「ブレンデッドウイスキー」と呼び、「響」や「オールド」、
「角」がブレンデッドというわけです。

私は、性格的にシングルモルトが好きだなぁ。分かる人には
分かると思うけれど(笑)

講座では、シングルモルトウイスキーの「山崎」と「白州」、
また、スコッチウイスキーから「マッカラン」「ボウモア」
の4種類をテイスティングします。

蒸留所ごとの風土や作り手のこだわりが色濃く反映するという
シングルモルトウイスキー。今回はブラインドテイスティングです。
ワクワク。


それぞれの特徴をつかめるかな?

A,B,C,D と4つあるグラスの香りをかいだり、加水したりして
どんな香りがするか、また銘柄が分かりそうな人はそれを
シートに書き込んでいきます。私はもぅ、ぜんぶわかるよ♪

※テイスティングのとき、ウイスキーと水を1対1で割る
「トワイスアップ」という方法がおすすめです。香りをより
引き立たせる方法です。

ブラインドテイスティングの正解発表に続いて、各ウイスキー
の味わいのポイント、蒸留所の環境などの説明を聞き、すごい
ハイボールの作り方を習って、それに合うおつまみをマリアージュ
させます。

甘く芳醇な香りの「山崎」には月餅とマドレーヌ、すっきりして
スモーキーな香りの「白州」にはチーズとおかきが添えられて
いました。


マリアージュ…相性の良い組み合わせ、幸せな出会いのこと

ちなみに、ハイボールと合う食事は「スパイシーぴり辛系」の
から揚げ、手羽先、餃子など。また「たれ・しょうゆを使う系」
では焼肉、ジンギスカン、炭火焼などが挙げられていました。

お魚の場合どうかというと、個人的には、お刺身より煮魚、
焼き魚、あるいは燻製ものに合うなぁと思っています。

◆続く:サントリー白州蒸留所見学「懇親会でまた震える」






posted by りすきぃ at 15:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記