カスタム検索

2011年08月27日

扁桃腺腫れて熱出してダウン

8月26日の夕方ころから喉が痛くて、
夜ご飯もやっと飲み込んでたん
だけど、寝る前に鏡を見たら
喉の奥が赤くなってて。

翌日起きたら37.4度の発熱もあり
苦しかったので近くの内科に
行ってきました。

金属のヘラみたいの入れられて
オエっとなったり、粘膜を採る
綿棒でまたオエっとなったり、

血液検査と粘膜の培養をする
そうです。ひとまず今日は、
ペニシリンのジェネリック薬が
出ました。

夕方からは38.7度まで熱が
上がっています。つらい。

大人になってからたまに扁桃腺
腫らすんだけど、耳鼻科に長く
勤めていた看護師の友人曰く、
たびたびだと手術をしたほうが
良い場合もあるみたいで、今回
から記録を残しておこうと思います。

◆27日朝受診のとき
熱は37.2度。先生に「扁桃腺の腫れからすると
もっと熱が出てもおかしくないんだけど」と
言われる。このときはまだヘラヘラしていた。

29日の午後に血液検査の結果がわかるので再診。

▼内服薬
ユナシン錠375mg、シスダイン錠250mg,
レベニンS散、ミヤBM細粒 3日分

◆27日夜
38.7〜38.5度あたりをウロウロ。
発熱による頭痛で眠れない。

◆28日日中
37.5〜38度あたりをウロウロ。
アイスノンを買ってきてもらう。
食欲もない。

◆28日夜
37度台まで下がってきたので
2日ぶりに風呂る。喉の痛みの
ほか、発熱による頭痛、耳も痛い。
風呂から出ると38.2度まで上がる。

◆8/28深夜
続く38度。頭痛と耳の痛みで眠れない。
アイスノンと保冷剤を喉に巻いてエア
コンをつけて少し眠る。痰が絡むので
何度も洗面所へ。この夜が一番つらかった。

◆29日朝
目覚めると少し楽。37.2度。薬がやっと効き
はじめたのか副反応のお腹下るが出てくる。
遅いわっ。

◆8/29日中
熱は37.4〜36.8度程度をうろうろ。お腹は
下り気味のままだが腹痛はない。午前中に
母が来てとらこにご飯をやったり遊んだり
してもらっている間に1時間ほど仮眠。

◆8/29夕方
血液検査の結果を聞きに内科へ。白血球が
11,000と多い。その他、好中菌なども多く
扁桃腺が菌に感染したことを表している。
アデノウイルス検査もここで行う。綿棒を
喉に当てられまたもオエっとなり上手に採れない。
結果は陰性もたくさんの組織が採れたわけでは
ないのでハッキリしないとのこと。

喉は、扁桃腺の痛みから奥へ移行している
と伝えると、甲状腺も腫れていると言われる。
点滴(フルマリンキット静注用1g生理食塩液100ml)
を20分。

引き続き内服薬(ユナシン錠375mg、シスダイン錠
250mg,レベニンS散、ミヤBM細粒)2日分処方。

左目が痛く、薄緑色の目やにというか膿のような
ものが出るので近くの眼科への紹介状が出る。

◆8/29夜
左目からの目やにが右からも出るように。なんで
しょうこの満身創痍状態…

◆8/29深夜
膿のような目やにで目が開かなくなる。洗顔。

◆8/30日中
母と家のものが来てくれたので午前中に眼科へ。
目やにはきのうほど酷くないが、診てもらうと
結膜炎だということで目に軟膏を塗ってもらって
目薬が2種類出る。多少しみる。

・フルメトロン点眼液0.1%
・ガチフロ点眼液0.3%

フルメトロンってステロイドなんだー。帰宅後
疲れて寝てしまい家のものが帰宅するのにお礼も
言えずじまい。

◆8/30夜
熱は37度台。扁桃ではなく、その奥がさらに痛む。

◆8/31夕方
扁桃腺の細胞培養の検査結果を聞きに。インフルエンザ
菌というのがいて、悪さをしてる。耐性菌のため、治療
にはしばらくかかりそう。免疫力が低下しているのは、
出産のときの状態が影響しているとのこと。1年経つ
けど身体はまだ治っていない。気力はあるからなんでも
やろうとするが、それがいけない。日中でも時間を
見つけてよく寝ること。お肉食べること。甲状腺は
気にしなくても良い(ちょっと不安)

◆9/1
熱も37度台から下がらず。夜になると咳が出始めて
眠りにくい。

◆9/2
1日と同様

◆9/3
内科へ。検査結果の詳細が送られてきた。インフル
エンザ菌以外に、アシネトバクター、エンテロバクター
という菌にも感染している。3種ともふつうにウロウロ
している菌なので、通常の体力の人なら罹ることはない。
3つが扁桃腺について悪さをし、炎症を起こしているとの
こと。

夜間の咳がひどくなり、横になると気道が狭くなって
息苦しい。咳が止まらないので眠たいのに眠れない。
喉が痛いため声も出せず、痰ものどに絡むと相談した
ところ、薬が変更となる。

・アベロックス錠400mg(細菌の感染を抑える)
・アスベリン錠10 10mg(鎮咳、気管支炎)
・ムコダイン錠500mg(痰を出しやすくする)
・レベニンS散(整腸剤)
・ミヤBM細粒(整腸剤)

◆9/4
熱は36度台後半。夜中はやっぱり咳き込む。喉の
痛みはだいぶ収まった。






posted by りすきぃ at 20:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記