カスタム検索

2009年02月10日

「文化庁メディア芸術祭」に行ってきました

国立新美術館(六本木)で開催されている
「文化庁メディア芸術祭」を見ました。

体験型の作品も多く、ワクワクしながら楽しむ
ことができます。先端技術の紹介などもあって、
これが無料で見られるなんて、すごい。毎年開催
とのことで、来年もまた行きたいなぁ。

090207_1.JPG

◆見たものメモー
Touch the Invisibles 爪先にセンサーをつけると
 映像の感触が伝わる。大人気だったので見てただけ

・画面の上に乗っている砂をよけると魚(映像)が
 出てくる作品

touched echo 柵にひじをついて耳をふさぐと
 音が聞こえる。骨伝導を利用した作品

・「ステレオシャドウ」自分の影を立体視できる

・槇村さとる「リアルクローズ」原画
 カラー(リアルクローズ1巻の表紙)と白黒の2枚。
 トーンとか、手書きのせりふとか、リアルでした。

・会場で楽しむ、携帯電話を利用した魚釣り。QRコード
 を読み込んで起動すると、スクリーンに自分の名前の
 浮きが出て魚が釣れる

TENORI-ON 長蛇の列で大人気の作品。なにやら光る。
 そして音が鳴る(笑)

FONTPARK 2.0 文字の一画づつをばらして、組み
 合わせ、絵にする。TENORI-ONに並んでいる最中に
 スクリーンで見ていたのだけど、引き込まれた。

 ※サイトで体験できるのでやってみた! 楽しい!!



2月15日(日)まで開催です! 行ってみて!

▼詳細はオフィシャルページにて
http://plaza.bunka.go.jp/festival/2008/






posted by りすきぃ at 19:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

目が離せない! アグリー・ベティ

あんまりテレビって見ないのですけど、唯一はまって
ハードに録って見てるのが「アグリー・ベティ」です。

▼公式ページはこちら
http://www9.nhk.or.jp/kaigai/uglybetty/index.html

舞台はニューヨーク。出版社に勤めるのが夢だった
主人公ベティが念願かなった就職先は、日常とは
大きくかけ離れた、流行を作り出す雑誌「モード」の
編集部!

顔もスタイルもセンスもイマイチ(ugly)なベティが
編集長のアシスタントとして奮闘する姿を描いた作品です。

090209_1.jpg

仕事、家族、恋人、同僚からのやっかみ…いろいろ
あってもくじけず前向きに日々を送る姿に、共感も
するし、ときに涙してしまうこともあるんですねぇ。

この内容にピンと来た人は、カンが良いですね!
そうなのです。「プラダを着た悪魔」に似ていますね♪

ホント、笑いあり、涙あり、等身大のドラマなんです。
「プラダ〜」が好きな人は、きっと好きになると思う。

主人公ベティ役の、アメリカ・フェレーラはさんは
米国でもとっても人気のある女優さんなんだよね。

\\集中再放送決定!!//

全23回の放送で、次回は17話目。「なんだぁ。途中から
見てもつまらないじゃなーい?」って人に朗報です!

通常は土曜深夜に放映なのですが、見てない人のために
BS2で3月23日から集中再放送が決まりました! やったー。

▼再放送スケジュールは公式ページをごらんください
http://www9.nhk.or.jp/kaigai/uglybetty/yotei/rerun.html

ベティちゃんみたいなひとがそばにいたら、絶対友だちに
なりたいと思う。なんかホント、勇気付けられるんだぁ。

クリエイティブ・ディレクター役のヴァネッサ・ウイリアムズ
や、脇を固める俳優さんもとってもキュートな人ばかり。

090209_2.jpg

いまからでも良いし、再放送を待ってもよし。DVDも
出ているのでそれもOK。興味があったらぜひ見てみて
くださいにー。






posted by りすきぃ at 01:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

博士の愛した数式

たまたま先週かな? BSで放送されるというので
録っておいた「博士の愛した数式」を見ました。
原作も読んだことがあり、どんな風に映像化されて
いるのか、楽しみにしていたんです。

四季の美しい風景と共に、大人になったルート少年
(数学教師になった!)の回想という形で静かに
つむがれる物語は、原作の雰囲気を崩すことのない
仕上がりで、とても後味の良い作品だと感じました。

私、数学どころか、算数の時点で数字はとっても
苦手なのだけど、文章より映画のほうがわかりやす
かったみたい。素数とか友愛数とかの話は、興味を
持って見ていました。私の誕生日は、素数なんだなー。

しかし、博士(寺尾聰さん)と家政婦(深津絵里さん)
の間には、何か淡い恋心的なものが芽生えていたの
だろうか。んー。どうなんでしょねぇ。

あら。そんな感想を、本読んだときにも書いてたね。
ははは。







posted by りすきぃ at 00:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書