カスタム検索

2008年10月29日

父、左肩が突然壊れる。

そんなこんなで、じぃちゃんがファンキーになった
ので振り回される家族ですが、突然父が「左肩が痛い」
と言い出して、着替えもままならない様子。腕が
上がらないのと、痛みがひどいそうで、「左だし、
心臓とかから来てると困るから病院行ってきな」との
家族会議の結果、きょう病院へ行ったのです。

もちろん、40肩とか言われてるのとは違う。骨の周りに
何かカルシウムみたいのがくっついて痛むらしいのです。
注射と、痛み止めの飲み薬、塗り薬をもらってきました。

風呂上りに、「塗り薬を塗ってくれ」というので、
アンメルツみたいな容器の薬を、ぐりぐり塗って
やりました。着替えを手伝う母は、「介護」と
言います(笑)

いや、笑いごとじゃないんだな、きっと。

家にいたら家にいるで、何かと親に頼られることが
増えたように思います。なんでも自分達でやって
しまう両親なのに。

父の肩は、良くなることはあっても、完全には
治らないみたい。60にもなると、ガタが来る部分も
ありますね。

じぃちゃんはファンキーだし、どうなっちゃうんだろ。
あしたの朝もまた「保険証知らねぇか?」って来るの
かなー(笑)






posted by りすきぃ at 22:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

じぃちゃんのボケが進行☆

スミマセン、またブログが滞りがちになって
しまいました…

きのうの朝、じぃちゃんが「保険証がねぇんだょ」
と顔を出しました。父が「ないことないでしょ」と
一緒に探し、無事に見つかったそうです。

けさ、じぃちゃんが「保険証知らねぇか?」と、
また顔を出しました。そのときの父、母の表情。

私はのんきに「あはは〜じぃちゃんきのうも同じこと
言ってた〜デジャブだ〜」なんて笑ってたのですが、
事態は深刻らしい。

最近、ボケが進んでいるようなのです。先日も3時間、
洗濯機用の水道を出しっぱなしだったそうで、母が
「ずっと水音がする、オカシイ」と気付かなければ
えんえん流しっ放しだったのね。

ん〜。たしかに今年、家のものの結婚式のとき、
じぃちゃん私のことわからなかったからなー。

「どうもお世話になってます」とか頭下げられて、
「あははー。じぃちゃんわかんないのかー」と、
そのときも私は笑ってたのですが、自分の親でもある
父にとってはフクザツだったかなと、ちょっと思います。

じぃちゃんは、ちょっと気持ち的に遠いから客観視
できるんだけど、「自分の親が」って考えると、
やっぱり思うところはあるわけで…じぃちゃんは
面白いんだけど…(おもしろいのか?)

先月かな? 95歳になったんだって。すごいねぇ。
まぁ、水道流しっぱなしくらいは良いけど、火を
使われちゃうと危ないやね。それは父に言っておき
ました。

ん〜「老いる」ということを考えるきょうこの頃…
このテーマ、まだ続きます。






posted by りすきぃ at 22:45 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記