カスタム検索

2008年10月21日

Suicaを忘れたお話

定期券をSuicaにして、もう何年になるんでしょう。
お給料日のあとに、一定金額をチャージしておくので
とっても便利。

現金の持ち合わせが無くても、思い立ったときに
移動だけはできるようにしたいという、のらねこ
体質の現れですかね(笑)

Suicaがあれば、私鉄はもちろん、タクシーにも
乗れる。お腹が空いたら、これでご飯だって
食べられるものね。とーっても便利。

ところが先日、定期券を持ち忘れて外出して
しまいました。カバンを替えたのが原因っていう、
ありがちな話なんですけどね。

その日は、かなり小マメに乗換えをする必要が
あったのです。JRから、私鉄、地下鉄。携帯で
乗換えに必要な時間を調べて、JIT(ジャスト・
イン・タイム)でいけるはずだったんです。

それが、Suicaを持たないだけで、えらい時間のロス。
通勤で使っている駅でも、券売機の場所がわからない。

「どこで切符買うの?」って探して、頭上の金額表示板
を見る。切符買う。改札機。これが問題。切符対応を
している改札のほうが、少ないのね。並んだところが
Suicaだけとか、あるわけです。

困ったー。あぁ、こんな苦労があるのねって感じです(笑)

自分がどれだけSuicaに頼る生活を送っているのか、
どれだけ「せかせか」とあわただしく時間の波を
潜り抜けているのか。そんなことを改めて感じました。

電車通学をはじめた高校生のころは、Suicaとかなくて。
磁気定期券に女子だから名前の下を赤鉛筆で線引かれて。

そのうちioカードなるプリペイド式のカードが出てね。
それもいち早く持ってたなぁとか。で、つい何年か前まで
はメトロカード、パスネットっていうのを使ってたよね。

それが今は、Suica、パスモの時代。それも携帯に入る
ようになって。もうこれ以上、進化しないかな?

せっかちなもので、信号待ちや改札など、ささっと
通り抜けたいの。だからSuicaやEdyみたいな電子マネーと私は
とっても相性が良いのです。

今度から、出かけるときは、「携帯・Suica・鍵」って
指差し確認しながら用意しよう。






posted by りすきぃ at 12:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記